足つぼリフレクソロジーをキッカケに体のコトを考える生活

ラクチン!足つぼリフレ生活

薬に頼り切りにならない

自分で自分の健康を守る

自然治癒力を高める足つぼを

一緒に学びませんか?

 

期間限定キャンペーン中!

詳しくはコチラをクリックしてご覧ください。

↓↓↓↓詳細はコチラ↓↓↓↓

足つぼリフレ特別講座

私が対応します!

【歴代】今年の一皿!全部並べてみました。おもしろい

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【若石足つぼ】×【千代式整体】×【美姿勢】 3つのプランで人生最後まで元気に生きる!ピンピンコロリを目指しすために必要な知識と情報と技術を提供し続ける「体を健康に導く”足と身体の体アドバイザー”」整体サロン千代の院長井口です。 若石足つぼを通じて、「身体の内側から体を元気にする」と、千代式整体「身体の外側から歪み、不調を整え」、美姿勢で「歪みにくい体づくり」 によって、病院に頼らない、薬に頼らない体づくりを提案しています。 あなたが自分の力(回復力)を信じて、健康になっていけるように手助けできます。あなたの身体の歪みや不調を整え、どうすれば健康を維持していけるのかお教えします。私自身は健康オタクでした。子供のころは喘息やアトピーを患い、健康に関心を持って様々な健康法を追求して今に至ります。 まずは、あなたが自分自身の身体を知ること、あなた自身が治ると自分を信じられるようになること。あなたが喜ぶことをして欲しいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

今年の一皿2017が発表されましたねー。

 

待ちに待った今年の一皿?ではないですか?

私はあまり気にしたことがありませんでした。でも気になったので調べてみると意外なことを思ったんです。実際にに見ていきましょう。

 

今年の一皿はご存知ですよね?

2017年今年の一皿。そうです。

今年は、鶏むね肉

 

鶏むね肉が今年の一皿に選ばれたことだけでも衝撃です。ふつー。というか、前からあったというか。う〜んと思っちゃいました。そういった意味では、記憶に残る1品です。

 

今年の一皿のコンセプトをご存知ですか?

今年の一皿はぐるなび総研というところが発表しているのですが、コンセプトがあります。

 

今年の一皿とは・・・

優れた日本の食文化を人々の共通の遺産として記録に残し、保護・継承するためにその年の世相を反映し象徴する食を「今年の一皿」として毎年発表します。

参照:https://gri.gnavi.co.jp/dishoftheyear/about.html

 

 

遺産として記録に残し、保護・継承するため

 

遺産

保護

継承

格式高いコンセプトを掲げていますね。

でも選ばれるのが鶏むね肉て。ちょっと拍子抜けしてしまいました。

時代ですね。私自身少し年をとりすぎたのかもしれません。もっと頭を柔らかく考えないとダメですね。

 

歴代の今年の一皿をいくつしっていますか?

歴代の「今年の一皿」は2014年から始まりました。

一緒にを振り返って見ましょう。

2014年今年の一皿は?

 

 

 

2014年「今年の一皿」

ジビエ料理

ジビエ料理って美味しいですよね。私は鹿肉ソーセージが大好きです。今冷凍庫に鹿肉があるので鹿肉ソーセージを自作して年末に食べるつもりです。

そういった意味ではジビエは私の生活に浸透してきています。頷ける今年の一皿です。

 

 

 

2015年今年の一皿

 

2015年今年の一皿

おにぎらず

 

あぁ。あったなーという感じです。みなさんはよく食べるのでしょうか?私はコンビニにはほとんど行かないので、食べる機会もないですし、作る機会もありません。

でも、見た目がきれいですし。いいかもしれませんね。

2015年の今年の一皿は、私には浸透していませんでした。

 

2016年今年の一皿


2016年「今年の一皿」

パクチー料理

パクチー流行ってますね。まだ流行ってますよね。私が衝撃だったのがパクチーサワー。

びっくりしましたね。パクチーが苦手な私としてはご縁のない一皿としか言わざるを得ません。

 

そして、2017年今年の一皿

2017年「今年の一皿」

鶏むね肉料理

 

そして、今年の一皿。

鶏むね肉。私は鶏肉ブームで毎日手羽先を食べています。そういった意味では鶏むね肉はぴったり。2017年は鶏年でしたっけ?たしかそうですよね。

 

あぁ。トリ年とかけたのかな?そんな風に今思いました。

私の個人的な今年の一杯はコレ

 

最後に個人的な今年の一杯を紹介します。

2017年今年の一皿 独断と偏見で選びました。

「蒙古タンメンカップラーメン」

期間限定で販売されていました。辛いやつです。

これをきっかけに各社が激辛カップラーメンを開発して

コンビニに勢揃いしています。

 

激辛ブームも再来しているように思います。

激辛料理を食べる番組企画も健在ですしね。

 

しかし、まだ、中本のカップラーメンを超えるものはみあたりません。

 

まとめ

今年の一皿を調べて見ました。

クリスマスや年末に歴代の今年の一皿をテーブルに並べて、昔を懐かしみながら食事をするのなんてたのしそうですね。

  • ジビエ
  • おにぎらず
  • パクチー
  • 鶏むね肉

最後にシメで蒙古タンメンのカップラーメンを食べる。

そんな年末の過ごしかたいかがでしょうか?

 

 

The following two tabs change content below.

体のケアを本気で考える!若石リフレ&整体サロン千代 院長 井口陽介

【若石足つぼ】×【千代式整体】×【美姿勢】 3つのプランで人生最後まで元気に生きる!ピンピンコロリを目指しすために必要な知識と情報と技術を提供し続ける「体を健康に導く”足と身体の体アドバイザー”」整体サロン千代の院長井口です。 若石足つぼを通じて、「身体の内側から体を元気にする」と、千代式整体「身体の外側から歪み、不調を整え」、美姿勢で「歪みにくい体づくり」 によって、病院に頼らない、薬に頼らない体づくりを提案しています。 あなたが自分の力(回復力)を信じて、健康になっていけるように手助けできます。あなたの身体の歪みや不調を整え、どうすれば健康を維持していけるのかお教えします。私自身は健康オタクでした。子供のころは喘息やアトピーを患い、健康に関心を持って様々な健康法を追求して今に至ります。 まずは、あなたが自分自身の身体を知ること、あなた自身が治ると自分を信じられるようになること。あなたが喜ぶことをして欲しいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。
この記事を書いている人 - WRITER -
【若石足つぼ】×【千代式整体】×【美姿勢】 3つのプランで人生最後まで元気に生きる!ピンピンコロリを目指しすために必要な知識と情報と技術を提供し続ける「体を健康に導く”足と身体の体アドバイザー”」整体サロン千代の院長井口です。 若石足つぼを通じて、「身体の内側から体を元気にする」と、千代式整体「身体の外側から歪み、不調を整え」、美姿勢で「歪みにくい体づくり」 によって、病院に頼らない、薬に頼らない体づくりを提案しています。 あなたが自分の力(回復力)を信じて、健康になっていけるように手助けできます。あなたの身体の歪みや不調を整え、どうすれば健康を維持していけるのかお教えします。私自身は健康オタクでした。子供のころは喘息やアトピーを患い、健康に関心を持って様々な健康法を追求して今に至ります。 まずは、あなたが自分自身の身体を知ること、あなた自身が治ると自分を信じられるようになること。あなたが喜ぶことをして欲しいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

Copyright© ラクチン!足つぼリフレ生活 , 2017 All Rights Reserved.