足つぼ整体師プロフィール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめまして。足つぼと整体の専門家の井口です。

井口 陽介(いぐち ようすけ)

1981年9月19日生まれ 相模原市出身

日本大学 農学部 卒業

  • 若石足つぼ健康法マスター
  • 三楽道指導者
  • 整体サロン千代・院長
  • パーソナルトレーナー千代・代表

私のモットーは「自分の健康は自分で守る」です。

私のこの熱い足つぼマッサージへの想いの全ては、こんな気持ちから始まりました。

足つぼマッサージとの出会い

私は現在、相模原市にある足つぼスクール千代&整体サロン千代として主に4つのサービスを提供しています。

  • 足つぼマッサージのやり方講座
  • 足裏マッサージ
  • 整体
  • 姿勢矯正・パーソナルトレーニング

あなたの体の不調の解消をサポートすることを仕事としております。

私は、農学部出身で、サラリーマンも経験していて、よくある接骨院や整骨院の先生とは異なる人生を送ってきました。その人生は順風満帆ではなく、ここに至るまでには色々な悩みや葛藤がありました。今日は私の経歴や過去も含めて包み隠さずお伝えしようと思います。

未熟児で生まれ、アトピー、喘息を抱える子供時代

今から30数年前、未熟児として生まれた私は体が小さく、小中学校では常に1番背が低い子供時代でした。

子供の頃からアトピー、喘息を抱え、夜寝る時になると喘息の発作を起こしてしまって両親に夜中まで看病してもらっている日々を今でも覚えています。

アトピーもひどく、首、腕、膝裏、お腹、背中、顔など全身に痒みがあり、皮膚もかなりひどい状態を続けていました。

子供の頃でしたので、病院でもらうステロイドを塗っては少し良くなり、またひどくなり、こんな状況をとても長いこと繰り返していました。

健康ってなんだろう?と興味を持ち始めた高校・大学時代

子供の頃にアトピーや喘息が酷かった私は、高校になって生物の授業で生き物の仕組み、人間の体について勉強する機会がありました。

その時に思ったのが「健康ってなんだろう?」という疑問です。

みんな同じような物を食べて過ごしているのに、病気になってしまう人もいれば、何年も病気になったことがない人もいます。

  • 何で人は病気になるのだろう?
  • 病気になる人と、病気にならない人。
  • その違いって何なんだろう?

と素朴に思ったんですね。

これをきっかけに人間の体の仕組みに興味を持ち、テレビや雑誌、本などから健康について自分で学ぶ機会が増えていきました。

人が健康でいられる理由を追い求めるように、私は農業の大学に入り、自然、食べ物の安全性、野菜の栽培などについて学びました。

「健康とはなんなのか」という問の答えを探し求めていたのですが、その答えはまだ見つかりません。

そして、いつしか私は健康についてなど忘れてしまい、サラリーマンになりました。

サラリーマン時代のアトピー、喘息の再発

大学を卒業してから5年ほど雑誌の広告営業マンとして猛烈に働いていました。

その頃、仕事のストレスが原因でアトピー、喘息、ぎっくり痛、肩こり、頭痛などの様々な体の不調が訪れてしまいました。

喘息の発作では救急車に2度運ばれました。

アトピーでは、子供の頃のように、顔から全身にかゆみが出てしまい、顔はひどくタダレ、人に会いたくない、会えない精神状況に陥ってしまいました。

会社に行けない。人に会いたくない。と本気で悩んでいました。

その時に、「健康ってなんだろう?」という事をを思い出しました。

病院に行くだけではなくて、何か自分でこの症状を解決する方法がないのか?

何か良い治療法がないか?とインターネットで探しに探して

ようやく運命的な出会いをしました。

若石リフレクソロジー(若石健康法)との運命的な出会い

身体の不調をなんとかしたいと死に物狂いで見つけたのが、足つぼを使ったリフレクソロジーでした。ひょんな事から友達に紹介してもらった若石健康法(若石リフレクソロジー)。

色々調べると「自分の健康は自分で守る」という、若石健康法の理念が心にグサリとささり、コレだ!とおもったんです。

さっそく本を買ってきて実際に見よう見まねで自分で足を揉んでみると、なんかスッキリして、不安な気持ちも減っていきました。

これは自分に合っていると確信したので、若石リフレクソロジーもっと勉強したいと思い、スクールへ通い、若石健康法マスターとしてリフレクソロジストのプロになりました。

若石リフレクソロジーを学びながら3か月たつと奇跡のように体質改善が起こった

足つぼリフレクソロジーを学びながら、自分の抱える症状を絶対に治すという気持ちで毎日一生懸命に足を揉み続けました。

若石のスクールで様々な事を学びました。

なぜ、人は病気になるのか?

「自分の健康を自分で守る」ためには何が必要なのか?

今まで疑問に思っていたことを全て理論的に解決してくれ、とても自分に自身が持てるようになりました。

若石リフレクソロジーを実践して、3か月目ピッタリに自分でも驚く結果が訪れました。

アトピーがピタリと改善しました。

その後、喘息の発作もなくなり、腰痛、肩こりが嘘のように消えていきました。

あいた口が塞がらないとはまさにこのことでしょう。

驚きを隠せない出来事でした。これをきっかけに私は健康をサポートする仕事へ進もうと決意し、現在の道へと進む人生がスタートしました。

若石リフレクソロジーを通じて健康のサポートをはじめる

健康をサポートする仕事への道を歩むことを決めた私は、転職を決めて山梨県の田舎で地域活性化を応援する仕事をはじめました。

その中で若石リフレクソロジーの施術を行い、足つぼセルフケアを広め、「自分の健康は自分で守る」という理念の元、みんなを健康にしたいという気持ちで活動を続けました。

私が足を揉んだり、自分自身で足もみセルフケアをしてもらうことで、徐々に変化が現れてきました。

  • よく眠れるようになったり
  • 動悸が収まったり
  • 冷え性がよくなったり
  • 足のムクミが改善したり
  • 体がポカポカしてきたり

色々な変化が少しずつではありますが、セルフケアを始めた人たちから喜びの声をいただきました。

しかし、このまま順調にリフレクソロジーを広めて行こうとするところで大きな挫折が訪れます。

リフレクソロジーだけでは足りない自分のスキルに絶望する

足つぼリフレクソロジーは「自分に健康は自分で守る」を基本に、セルフケアの指導を中心に行っていました。

健康になっていくために、週に1回位のペースで私が足を揉んで、それ以外の日は自分で足を揉んでもらう。そんな感じで足つぼリフレクソロジーを生活に取り入れてもらっていました。

そんな時に、ある人からこんなことを言われました。

腰が痛いから、足を揉むんじゃなくて腰を揉んでほしい。

その言葉をきっかけに、あることに気が付きました。

それは、多くの人が、何年も腰痛や肩こりを抱え悩んでいて

彼らは、マッサージや電気を週に1回はやってもらっているものの、腰痛、肩コリは全く改善していなかったんです。

私はこの現実を目の当たりにしました。そしてこう思ったのです。

マッサージや電気を続けていても「なぜ腰痛や肩コリが改善できないのだろう」

私にはまだまだ勉強が足りていませんでした。

足を揉めるのに、肩コリや腰痛を直接改善させるスキルがない。私は絶望しました。

だったら、自分が整体の技術をもっと学んで「腰痛や肩コリで苦しんでいる人を何とかしたい」と思い、次は、本格的な整体の勉強が始まりました。

整体を学び始めるが痛みを改善することはできなかった

さっそく整体の学校に入り、人間の身体と施術技術を学び、腰痛で悩んでいる人へ学んだ施術を腰痛、肩コリの人たちに行いました。

あぁ、気持ちいい。ありがとう。まだ痛いけど、ラクになったよ。

こんな感謝の声を沢山いただきました。

しかし、残念な事に私の学んだ施術では腰痛、肩コリの痛みはなかなか改善できませんでした

なぜなら、私の学んだ技術は温泉施設にあるリラクゼーションマッサージだったんですね。

なので、気持ち良いとは言われましたが、腰痛や肩コリはなかなか改善しません。

私は、再び絶望しました。

自分の今の技術では、つらい腰痛や肩コリで悩む人を笑顔にできないと悟りました。

とても悲しい現実でした。でも私は諦めませんでした。

もっと腰痛を治すための技術を学びたいと思い、これだと思える技術を探し学びたいと強く思いが沸き上がってきました。

そして、ようやく私が求めていた技術に出会うことができたのです。

ついに見つけた「痛みの治療技術を学べる場」との出会い

それは、国家資格を持つ柔道整復師や理学療法士が通う、『痛みの治療技術』を学ぶ場の存在です。

早速そこに入学し、必死に痛みに対する技術の勉強を重ね続けました。

そこで、私はついに決定的とも言える痛み治療の真実にたどり着いたのです。

それはとても衝撃的な事実で今でもその時の驚きを忘れられません。

腰痛、肩コリが電気、マッサージでは治らなかった衝撃的な事実

その衝撃的な事実とは・・・

「痛みが出ている部位には、ほとんど原因はない」

という事実です。

そもそも、腰痛であれば腰に電気、マッサージをしてもらうということが常識になっていました。肩コリであれば、肩を揉んで、電気を当ててもらう。

痛いところを電気、マッサージしてもらうことが常識だとおもいますよね?

それが、間違っていたんです。

それからというもの、私はこの新しい考え方とスキルを徹底的に学び、腰痛や肩コリに悩み苦しむ人達へ痛みの原因を説明し、新しい整体をはじめました。

すると、腰痛、肩コリがどんどん良くなり、ヘルニアと言われた人、坐骨神経痛と言われた人、3年も痛みが治らなかった重症な腰痛の人でさえも、痛みがなくなって日常生活が行えるようになっていきました。

そして、たくさんの喜びの声をいただきました。

腰痛、肩コリの治療方法が本当は間違っていたということをみんなに知ってほしい

世間一般では、まだ「腰が痛い」という訴えに対し、「腰」に対してのみ施術を行うだけで、腰痛の原因検査、その原因の説明が不十分なことが多く、納得できない施術を受けている方が多くいらっしゃいます。

また、病院から「手術以外ではあなたの腰痛は改善しない」とまで言われてしまっているような、ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱菅狭窄症、腰椎すべり症、分離症、四十肩、五十肩など、慢性化してしまった痛みや辛さでお悩みの方が世の中には多くいらっしゃいます。

これはとても悲しい事ですし、もっと多くの方に笑顔で健康な人生を楽しんで欲しいと思いました。
それから私は、どんなに長年辛い腰痛や肩コリでお悩みにも、

「原因は患部ではなく他の部位にある事実」

を知っていただきたい。

そして、若石リフレクソロジーの理念にある「自分の健康を守る」という言葉のとおり、病院や薬だけに頼り切りにならずに、健康になるための唯一の方法として

若石リフレクソロジーを広めていく。

そのために私が人生を掛けて、全力で世の中に広めていくことを決意しました。

そして、私は生まれ育った相模原市淵野辺で独立を決意し、まずは日本人の4人に1人は悩んでいるというほど多くの人が悩んでいる腰痛専門で施術を行う理想の整体院「整体サロン千代」を創りました。

私は自分の施術を通し、病院や整骨院・接骨院などでなかなか良くならない人や、どこに行っても改善しない人の未来を明るくしていただきたい。

そして、これからの長い人生を薬に頼り切りにならない若石リフレクソロジーを生活に取り入れていただくことで、毎日の生活を楽しく過ごせるようなっていただきたい。

それが一番の私の想いです。

The following two tabs change content below.

足つぼ&整体の専門家

相模原で【足つぼと整体】を専門に【からだの悩みを解決する足つぼスクール千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥
スポンサーリンク

Copyright© 相模原で台湾式足つぼスクール千代 , 2017 All Rights Reserved.