相模原で台湾式足つぼスクール千代

【足つぼのやり方#23】輸尿管の反射区・ツボの位置と押し方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で【足つぼと整体】を専門に【からだの悩みを解決する足つぼスクール千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【足つぼのやり方#23】輸尿管の反射区・ツボの位置と押し方

輸尿管の反射区の位置を確認してから、実際の足の揉み方を学んでいきましょう。

【輸尿管(ゆにょうかん)】器官・臓器の働き

上端が腎臓に、下端が膀胱につながる尿の通り道です。腎臓で作られた尿は、ここを通って膀胱に運ばれます。

輸尿管は筋肉でできた管で、長さが約30cm、直径は4~5mm程度で、2本通っています。

輸尿管が体のどこにあるのか?どんな働きをしているのかイメージしておきましょう。

適応症状

尿路結石
原因:結石の発生そのものの原因は不明ですが、考えられているものとしては
①尿路通過障害により尿の停滞が起こる
②尿路感染症
③内分泌・代謝異常
④長期の寝たきり状態によるカルシウム代謝異常
⑤食事・薬剤
などが考えられます。

主な症状:腎孟(じんう)結石が腎孟尿管移行部につまると、側背部に痛みが出て、発熱・血尿をきたし、しばしば腎孟腎炎を合併しまず。尿管結石は多くの場合腎孟結石が落下したもので、発作的に繰り返す激しい痛みと血尿が主な症状です。

さらに膀胱に落下すると膀胱結石となり、膀胱尿道に異常がなければ無症状で排泄されますが、前立腺肥大症などがあると、膀胱にとどまり大きくなります。

この場合は膀胱痛、頻尿・血尿などが見られます。尿道が狭くなっている「狭さく」があると排石されず、尿道結石となります。この場合は尿閉(尿が出ない)ということになります。

その他の症状

尿管炎、尿管狭さく

 

反射区の位置

押し方

反射区の位置・・・腎臓の反射区と膀胱の反射区を緩やかなカーブを描いてつないだ道のりの部分。

操作方法・・・腎臓の反射区の脇でしっかりと圧を加え、その圧のまま膀胱の反射区までの曲線を刺激していきます。

押し方動画

近日公開予定

 

The following two tabs change content below.

足つぼ&整体の専門家

相模原で【足つぼと整体】を専門に【からだの悩みを解決する足つぼスクール千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥
スポンサーリンク

足つぼ1日講座 開催中!

足つぼを習える1日講座開催中!

詳細はこちらをクリック

足つぼのやり方、お身体のお悩み相談は公式LINEアカウントにて無料受付中!

↓↓クリックしてメッセージしてください↓↓

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で【足つぼと整体】を専門に【からだの悩みを解決する足つぼスクール千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥

Copyright© 相模原で台湾式足つぼスクール千代 , 2022 All Rights Reserved.