足つぼスクール相模原!自分の健康を守る足裏マッサージ

冷房がつらい!20秒でふくらはぎのムクミを解消させる!ポンポンのやり方

2019/05/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で【足つぼと整体】を専門に【からだの悩みを解決する足つぼスクール千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏は足のムクミに悩む人が多いですよね。特に冷房。

今の時代は電車で冷房、職場の冷房、スーパーの冷房。冷房まみれです。冷房にさらされるとどうしても足の血行が悪くなって、足がだんだん浮腫んできてしまいます。

そんなふくらはぎのムクミを20秒で解消するお手軽ふくらはぎムクミ解消法お伝えします。

職場でも簡単に出来る!たった20秒でムクミが取れるふくらはぎスッキリ法

ポイントは、とにかく細かく素早くポンポンすること

どうですか?ふくらはぎがジワ〜っと暖かくなって、血の巡りがよくなった感じがして、むくみがスッキリしてきます。

なぜ、素早くぽんぽんするだけで、ムクミが解消されるのか?

普段はふくらはぎがポンプの役目をして、血液を心臓に戻してくれている

心臓から酸素と栄養を運んで血液が細胞へと流れていきます。その後、二酸化炭素や老廃物などを血液が回収して静脈やリンパを通って心臓へ戻ってきます。

このとき、血液は地球の重力に逆らって心臓まで登っていく必要がある。このシステムが上手く機能しないと、下半身、特にふくらはぎがむくんでしまいます。

通常は、ふくらはぎの筋肉が収縮することによって、ポンプの役割をして、老廃物を抱えた血液を心臓へと送り戻してくれますが、冷房にあたっていたり、長時間座っていたりすると、ふくらはぎポンプが全く機能しなくなってしまうんです。

冷房などで機能しなくなってしまった、ふくらはぎポンプを手動で行うから即効性がある

そのサポートを自分でしてあげるのが、「素早くポンポン」なんです。とくに素早くポンポンすることで、即効性を促します。

ふくらはぎポンプの役割を自分の手でサポートしてあげることにより、血液を心臓まで届ける血液循環の手助けになります。そして、素早くやることで即効で血液が流れ始めるんです。

まとめ

  • 職場でも出来る20秒でふくらはぎのムクミを解消させる!
  • 冷房や、立ち仕事で足がむくむ人は、ふくらはぎのポンプ機能がうまく機能しなくなってしまった
  • 自分の手でふくらはぎポンプをサポートしてあげることで、血液循環がよくなりむくみ解消
  • 素早くぽんぽんすることで即効性を実現

ムクミで悩む人が多いですが、これを覚えておくだけで、足のムクミがひどくなりすぎずに済みます。

ぜひ試してみてねー

相模原で若石リフレクソロジーの講座を受けてみたい方はコチラをクリック

The following two tabs change content below.

足つぼ&整体の専門家

相模原で【足つぼと整体】を専門に【からだの悩みを解決する足つぼスクール千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥
スポンサーリンク

足つぼ1日講座 開催中!

足つぼを習える1日講座開催中!

詳細はこちらをクリック

足つぼのやり方、お身体のお悩み相談は公式LINEアカウントにて無料受付中!

↓↓クリックしてメッセージしてください↓↓

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で【足つぼと整体】を専門に【からだの悩みを解決する足つぼスクール千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥

Copyright© 相模原の足つぼスクール千代 , 2017 All Rights Reserved.