足つぼリフレクソロジーをキッカケに体のコトを考える生活

ラクチン!足つぼリフレ生活

薬に頼り切りにならない

自分で自分の健康を守る

自然治癒力を高める足つぼを

一緒に学びませんか?

 

期間限定キャンペーン中!

詳しくはコチラをクリックしてご覧ください。

↓↓↓↓詳細はコチラ↓↓↓↓

足つぼリフレ特別講座

私が対応します!

肝臓のツボは足裏の右足?左足?正解は「右足」です。

2018/04/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【若石足つぼ】×【千代式整体】×【美姿勢】 3つのプランで人生最後まで元気に生きる!ピンピンコロリを目指しすために必要な知識と情報と技術を提供し続ける「体を健康に導く”足と身体の体アドバイザー”」整体サロン千代の院長井口です。 若石足つぼを通じて、「身体の内側から体を元気にする」と、千代式整体「身体の外側から歪み、不調を整え」、美姿勢で「歪みにくい体づくり」 によって、病院に頼らない、薬に頼らない体づくりを提案しています。 あなたが自分の力(回復力)を信じて、健康になっていけるように手助けできます。あなたの身体の歪みや不調を整え、どうすれば健康を維持していけるのかお教えします。私自身は健康オタクでした。子供のころは喘息やアトピーを患い、健康に関心を持って様々な健康法を追求して今に至ります。 まずは、あなたが自分自身の身体を知ること、あなた自身が治ると自分を信じられるようになること。あなたが喜ぶことをして欲しいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

相模原で若石リフレクソロジーの講座を受けてみたい方はコチラをクリック

職場の同僚や友人と話題になりやすい肝臓。

今回をきっかけに肝臓の足つぼがどこにあるのか覚えて下さい。そして、職場で肝臓が弱っていそうな人に肝臓のツボをグ〜っと押してあげて下さい。

きっと、悲鳴をあげるでしょう。そんな宴会のときにも役立つ肝臓の足つぼを徹底的に教えます。

 

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれていますが、意外と話題になりますよね。とくにお酒を飲む人は休肝日が必要だよねーなんて言い合ったりしてます。

相模原にある整体サロン千代でもリフレクソロジーを受けられる方は肝臓の調子を気にする人が多いです。

肝臓が疲れて弱ってくるとこんな症状が出てきます。

疲れやすい

体が重だるい

右肩が痛い

右腰が痛い

そんな症状が続くときには肝臓が弱っているサインかもしれません。

肝臓のツボの説明から、実際の揉み方まで一緒に学んでみましょう。

 

そもそも肝臓は人間のどこにある?

肝臓があなたの体のどこにあるか知っていますか?

右の肋骨の下あたりです。

なんとなくで良いので、この辺にあるんだなぁと知っているだけでちょっとデキる人になれますので覚えておいて下さい。右側ですよ。

 

肝臓の足つぼ(反射区)は右足の足裏にある!

肝臓の反射区は細かく説明すると、肝臓の足つぼは右足の薬指と小指の間を指先からカカトへ辿っていくと、急にペコっと凹むところがあります。ソコです!

 

詳しくはコチラの動画を見ながら一緒に肝臓の足つぼを揉んでみましょう!

このツボ(反射区)を気づいたらいつでも揉んであげてください。そうすることで反射区からの刺激が肝臓へと伝わり、肝臓の血流がアップし、肝臓周辺の組織が柔らかくなって肝臓自体の元気が回復してきます。

 

あなたの体は生きている限り毎日のように働いてくれています。毎日働いてくれている体を少しでもケアしてあげるために、足つぼは毎日やってもらいたいのです。

でも、忙しい日々の中で毎日足を揉むのは一苦労。そんな時にオススメなのが足つぼマットです。

これを我が家ではキッチンマットにして生活の中に足つぼを取り入れています。あなたや家族が毎日通る場所に置いて、日々足つぼマットの上を通る度に、自動的に足つぼを刺激することができるすぐれものです。

トイレの前、脱衣所、洗面台の前、ソファーの前など、工夫して足つぼマットを置いて、毎日の足つぼケアに役立ててください。

さらに肝臓を元気にさせるとっておきの裏技

プロが実際にやるコツをお教えします。それは、肝臓がある肋骨のところを手で触ってあげること。簡単に言うと手当てをしてあげるだけです。

 

これって実はあまり知られていないのですが、触ってあげることで、肝臓への反応が高まります。昔から手当という言葉があるとおり、手を触れるだけで体は反応します。試しにぜひやってみてください。

ちなみに、好きな人にやってもらうと効果がたかまりますよ。

 

なぜあなたの肝臓はこうも疲れやすくなっているのか?

肝臓が弱ってくると、「疲れがなかなか取れない」「体がダルい」なんてことになってきます。

なんで、肝臓が疲れるのでしょうか?

その理由は3つあります。

肝臓が疲れる3つの理由を知って、肝臓に休息時間を持ってあげて下さい。

 

肝臓が疲れるよくある3つの理由 その1「解毒ばかりしている食生活」

肝臓はアルコール、薬、体にとって有害な物質などのを解毒して体の外へ排出させている

肝臓は解毒という役割を行っています。ですので、肝臓が弱ってくると解毒処理のスピードが遅くなります。その結果、体中に毒素が巡りやすくなり、体の疲れとしてあらわれてきます。

 

また、アルコールを飲みすぎたり、薬をたくさん飲んだり、添加物たっぷりの食事を繰り返していると、毒素が大量に体に入ってくるので、その解毒処理に追われて肝臓が疲れてきてしまいます。

 

解毒が必要な食生活を控え、肝臓に負担のかからない生活を心がけることが大切です。

 

肝臓が疲れるよくある3つの理由 その2「食べ過ぎ」

腸から吸収した栄養を使いやすく作り変えて、全身へと供給する役割

腸から吸収された栄養は、そのまま全身へ送られる訳ではありません。肝臓で体が使いやすい形に作り変えてから、全身へ届けられます。

 

肝臓が疲れていると、この作業がペースダウンして、栄養が体へ供給されにくくなってしまいます。そのことで、栄養不足で体が重だるい感じになったり、やる気が起こらない感覚になったりします。

 

逆に、特に高タンパク、高脂肪の食事が多いと肝臓の処理負担が大きくなっていきます。食べ過ぎによって、栄養が肝臓に届きすぎても、肝臓が栄養を作り変える作業に追われて疲れてしまうということです。暴飲暴食が肝臓へ負担を掛けているわけです。

 

肝臓が疲れるよくある3つの理由 その3「ストレス」

ストレスを抱えた状態が続くと、交感神経の働きが高まり肝臓が上手く働けない状態になってしまいます。

この状態が続くと、肝臓の働きである解毒処理や栄養の加工が上手く行われずに体に毒素が留まり、栄養の供給が損なわれてしまいます。そうするとじわじわと体の疲れや気だるさが現れてきてしまいます。

 

本当の意味での休肝日の過ごし方

疲れた肝臓を元気にするために、足裏マッサージをやることはとても良いことですが、それだけでは十分ではありません。

やはり、原因となる食事やストレス、解毒に関わる肝臓の負担を減らしてあげることがポイントになります。

  • 添加物の少ない食事
  • 油が多くないヘルシーな食事
  • 高タンパクでない
  • 水分をしっかりとる
  • アルコールを控える
  • 睡眠をちゃんととる
  • ストレスをリフレッシュさせる

まとめ

仕事が忙しい現代人はなかなか肝臓への負担を全て取り除くことは難しいかもしれません。

しかし、食事、水分、アルコールを控えるなどの出来る範囲から肝臓を休める努力が必要です。そして毎日肝臓の足つぼをマッサージしてあげれば、次第に肝臓疲れも取れてきます。

足つぼをマッサージしてイテテテと痛みを感じて終わりにするのではなく、体からの警告サインということを意識して、肝臓をいたわってあげてください。

相模原で若石リフレクソロジーの講座を受けてみたい方はコチラをクリック

The following two tabs change content below.

体のケアを本気で考える!若石リフレ&整体サロン千代 院長 井口陽介

【若石足つぼ】×【千代式整体】×【美姿勢】 3つのプランで人生最後まで元気に生きる!ピンピンコロリを目指しすために必要な知識と情報と技術を提供し続ける「体を健康に導く”足と身体の体アドバイザー”」整体サロン千代の院長井口です。 若石足つぼを通じて、「身体の内側から体を元気にする」と、千代式整体「身体の外側から歪み、不調を整え」、美姿勢で「歪みにくい体づくり」 によって、病院に頼らない、薬に頼らない体づくりを提案しています。 あなたが自分の力(回復力)を信じて、健康になっていけるように手助けできます。あなたの身体の歪みや不調を整え、どうすれば健康を維持していけるのかお教えします。私自身は健康オタクでした。子供のころは喘息やアトピーを患い、健康に関心を持って様々な健康法を追求して今に至ります。 まずは、あなたが自分自身の身体を知ること、あなた自身が治ると自分を信じられるようになること。あなたが喜ぶことをして欲しいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。
この記事を書いている人 - WRITER -
【若石足つぼ】×【千代式整体】×【美姿勢】 3つのプランで人生最後まで元気に生きる!ピンピンコロリを目指しすために必要な知識と情報と技術を提供し続ける「体を健康に導く”足と身体の体アドバイザー”」整体サロン千代の院長井口です。 若石足つぼを通じて、「身体の内側から体を元気にする」と、千代式整体「身体の外側から歪み、不調を整え」、美姿勢で「歪みにくい体づくり」 によって、病院に頼らない、薬に頼らない体づくりを提案しています。 あなたが自分の力(回復力)を信じて、健康になっていけるように手助けできます。あなたの身体の歪みや不調を整え、どうすれば健康を維持していけるのかお教えします。私自身は健康オタクでした。子供のころは喘息やアトピーを患い、健康に関心を持って様々な健康法を追求して今に至ります。 まずは、あなたが自分自身の身体を知ること、あなた自身が治ると自分を信じられるようになること。あなたが喜ぶことをして欲しいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

Copyright© ラクチン!足つぼリフレ生活 , 2017 All Rights Reserved.