足つぼリフレクソロジーをキッカケに体のコトを考える生活

ラクチン!足つぼリフレ生活

薬に頼り切りにならない

自分で自分の健康を守る

自然治癒力を高める足つぼを

一緒に学びませんか?

 

期間限定キャンペーン中!

詳しくはコチラをクリックしてご覧ください。

↓↓↓↓詳細はコチラ↓↓↓↓

足つぼリフレ特別講座

私が対応します!

足つぼでホルモンバランスは変わるのか?体のことを考え続けるリフレクソロジストの意見

2018/11/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【若石足つぼ】×【千代式整体】×【美姿勢】 3つのプランで人生最後まで元気に生きる!ピンピンコロリを目指しすために必要な知識と情報と技術を提供し続ける「体を健康に導く”足と身体の体アドバイザー”」整体サロン千代の院長井口です。 若石足つぼを通じて、「身体の内側から体を元気にする」と、千代式整体「身体の外側から歪み、不調を整え」、美姿勢で「歪みにくい体づくり」 によって、病院に頼らない、薬に頼らない体づくりを提案しています。 あなたが自分の力(回復力)を信じて、健康になっていけるように手助けできます。あなたの身体の歪みや不調を整え、どうすれば健康を維持していけるのかお教えします。私自身は健康オタクでした。子供のころは喘息やアトピーを患い、健康に関心を持って様々な健康法を追求して今に至ります。 まずは、あなたが自分自身の身体を知ること、あなた自身が治ると自分を信じられるようになること。あなたが喜ぶことをして欲しいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

食生活や生活習慣を整えて、ホルモンバランスも整えようと努力しているあなた。

さらに効果的にホルモンバランスを整えるツールとして「足つぼマッサージ」がオススメです。

こんにちは。

「自分の健康は自分で守る」

そんな健康を守り続けるための足つぼライフを始めませんか?

若石健康法マスターの井口です。

 

ホルモンバランスが崩れていると、人間は調子が悪くなり、病気になったり体調が悪くなりやすくなったりとあまり良いことがありません。

「足つぼ」では、足を揉むことでホルモンバランスが整うと考えられています。

でも、どこのツボを揉んで良いのかわからない。そんな時にお役に立てれば嬉しいです。

 

ホルモンバランスを整えてくれる「足つぼ」はどこ?

結論から申し上げます。

 

「ここの足つぼを押せばホルモンバランスが整います」

という答えが欲しかったかもしれませんが、

そんな万能な足つぼは在りません。

 

もし、そんなツボがあったらとても簡単に人間の体が変化してしまうことになり、逆に危険ですよね。

あえて、答えるとするなら

「足つぼを全部しっかり丁寧に刺激してあげること」

これが正解になります。

 

なぜホルモンバランスを整えるのに、足つぼ全部をやらなければならないのか?

一緒に少し足つぼの考え方を学んでみましょう。

 

ホルモンバランスを整えるとされる足つぼ

足つぼの本や、足つぼリフレクソロジーのセラピストなどに、ホルモンバランスについて聞くと、主に4つの反射区が重要だと言われています。

  • 脳下垂体
  • 大脳
  • 甲状腺
  • 副甲状腺

確かにこれらは、ホルモンと深い関係がありホルモンを分泌したり、分泌させるための指令を出していたりするような重要な器官が上記の4つと言われています。

だから、この4つの反射区をしっかり揉めばよいと考えがちですが、それは大きな落とし穴に落ちてしまうことになります。

 

間違いやすい足つぼの考え方

足つぼは体の器官や組織に対応し64箇所の反射区があると考えられています。

例えば

  • 肝臓、心臓、腎臓、小腸といった内臓に関わる反射区
  • 僧帽筋、肩甲骨、横隔膜、上腕といった筋骨格に関わる反射区
  • 小脳、大脳、三半規管、坐骨神経など神経系に関わる反射区

こういった、体に対応する部位の名称が反射区となっているので、ついつい肝臓を元気にするには肝臓の反射区を一生懸命揉んで元気になろうと考えがちなのですが、これが大きな落とし穴なんです。

 

肝臓の調子が悪かった場合(例)

肝臓が調子悪く、疲労がたまり、肝機能が衰えている時に、肝臓の反射区を揉むことは間違ってはいないのですが、肝臓は様々な体の別の器官組織と関係しています。

 

例えば、肝臓はこのような部位とつながり、関係性があると考えられています。

肩甲骨、横隔膜、小腸、心臓、血液、腰、肋骨

なぜこのような部分と関係があるのか、あなたは分かるでしょうか?

 

肩甲骨が硬くなると、肩からの影響で肝臓へ負担がかかってしまいます。

横隔膜が硬くなっていると、隣接している肝臓は圧迫され機能が低下しやすくなります。

小腸の調子がわるいと、栄養吸収に不具合が生じ、肝臓へ負担がかかります。

血液がドロドロだとすると、肝臓に大量に流れ込む血液のせいで、肝機能が低下するでしょう。

腰痛を持っていれば、痛みによって周囲の筋肉が硬直し、肝臓へも影響が考えられます。

肋骨が固まると、呼吸が浅くなり、血液に十分な酸素が供給されず、肝機能の低下が考えられます。

 

これは、肝臓を例に考えた場合ですがもっともっとたくさんの関係、連携によって体は生きているのです。

だから、足つぼの反射区を刺激する際は、肝臓と関係している反射区を全て揉んでいくことが重要になってきます。

でも、たくさんありすぎて覚えられないですよね。

だから、簡単な方法で肝臓に関係する全ての反射区を刺激してあげればいいんです。

 

その方法は、足にある反射区全てを揉むことです。

 

肝臓に関係している全ての反射区を満遍なく刺激することで体を整えることができるようになります。

 

「足つぼ」だけではホルモンバランスが整わない理由

ホルモンバランスを整えようと思った時に、足つぼだけにたよるのも注意が必要です。

ホルモンバランスは以下の3つが正常に働くことが大切です。

  • ホルモンが正しく作られる
  • ホルモンが正しく分泌される
  • ホルモンが正しい分泌量で分泌される

 

これらを整えていこうと考える時に、足つぼだけではダメなのはお分かりでしょうか?

コンビニ弁当を食べ続け、睡眠不足で、仕事も休みなく働き続けている人がいるとします。

この人が足つぼを毎日いくら続けると、健康になるでしょうか?

 

答えはNoです。

やはり、足つぼだけに頼らず、食事、睡眠、日常の負担をいかに軽減していくかが大切になってきます。

全部を一気に取り組めとは言いませんが、少なからず現状から何かを変えていく必要があると思います。

コンビニ弁当を減らすとか、ジュースをお茶に変えてみるとか、いつもより1時間早く寝るとか、自分ができる簡単なことから生活環境を変えてみましょう。

 

それに、足つぼを加えることで大きな変化が体の中で起こってくるはずです。

 

結論!足つぼでホルモンバランスを整えるなら

The following two tabs change content below.

体のケアを本気で考える!若石リフレ&整体サロン千代 院長 井口陽介

【若石足つぼ】×【千代式整体】×【美姿勢】 3つのプランで人生最後まで元気に生きる!ピンピンコロリを目指しすために必要な知識と情報と技術を提供し続ける「体を健康に導く”足と身体の体アドバイザー”」整体サロン千代の院長井口です。 若石足つぼを通じて、「身体の内側から体を元気にする」と、千代式整体「身体の外側から歪み、不調を整え」、美姿勢で「歪みにくい体づくり」 によって、病院に頼らない、薬に頼らない体づくりを提案しています。 あなたが自分の力(回復力)を信じて、健康になっていけるように手助けできます。あなたの身体の歪みや不調を整え、どうすれば健康を維持していけるのかお教えします。私自身は健康オタクでした。子供のころは喘息やアトピーを患い、健康に関心を持って様々な健康法を追求して今に至ります。 まずは、あなたが自分自身の身体を知ること、あなた自身が治ると自分を信じられるようになること。あなたが喜ぶことをして欲しいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。
この記事を書いている人 - WRITER -
【若石足つぼ】×【千代式整体】×【美姿勢】 3つのプランで人生最後まで元気に生きる!ピンピンコロリを目指しすために必要な知識と情報と技術を提供し続ける「体を健康に導く”足と身体の体アドバイザー”」整体サロン千代の院長井口です。 若石足つぼを通じて、「身体の内側から体を元気にする」と、千代式整体「身体の外側から歪み、不調を整え」、美姿勢で「歪みにくい体づくり」 によって、病院に頼らない、薬に頼らない体づくりを提案しています。 あなたが自分の力(回復力)を信じて、健康になっていけるように手助けできます。あなたの身体の歪みや不調を整え、どうすれば健康を維持していけるのかお教えします。私自身は健康オタクでした。子供のころは喘息やアトピーを患い、健康に関心を持って様々な健康法を追求して今に至ります。 まずは、あなたが自分自身の身体を知ること、あなた自身が治ると自分を信じられるようになること。あなたが喜ぶことをして欲しいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

Copyright© ラクチン!足つぼリフレ生活 , 2018 All Rights Reserved.